虫歯をしっかり治します|川口市の高木デンタルクリニックのオフィシャルサイトはこちらです。

虫歯は痛くなる前に治療しましょう

「痛くないからまだいいや」なんて思っていませんか? 虫歯は痛くなってからでは遅いのです! 痛みが出ているということは、虫歯がかなり進行している証拠。そうなってしまうと歯に与えるダメージも大きいものになりますし、治療でもたくさん削らなければなりません。虫歯は痛くなる前の予防や治療が大事です。決して放置してはいけません。少しずつ少しずつ、見えないところで虫歯菌があなたの歯を蝕んでいます。必ずしも痛みの程度と、虫歯の進行度は一致しません。

痛み別 虫歯の進行度合い

レベル1 歯は黒ずんでいるけど痛くない

レベル1 歯は黒ずんでいるけど痛くない

痛みなどの自覚症状はありませんが、立派な虫歯です。早めに治療しましょう。
治療法:虫歯部分を削り、白い歯科用プラスチックの詰め物を使います。

レベル2 甘い物がしみる

レベル2 甘い物がしみる

初期虫歯は甘い物でもしみてしまいます。ご飲食の際に違和感を感じることがあれば、ご来院ください。
治療法:虫歯部分を削り、白い歯科用プラスチックの詰め物を使います。

レベル3 冷たい物がしみる

レベル3 冷たい物がしみる

虫歯が象牙質まで進行しています。この段階なら詰め物ですみますので、早めのご来院をお勧めします。
治療法:虫歯部分を削り、詰め物を使います。

レベル4 熱い物がしみる

レベル4 熱い物がしみる

神経まで虫歯が進行している状態です。神経の虫歯になってしまうと詰め物ではなく、被せ物を使った治療になります。
治療法:虫歯部分を削り根管治療を行い、被せ物を使います。

レベル5 痛みや歯の凍み(しみ)が収まったので、放置している

レベル5 痛みや歯の凍み(しみ)が収まったので、放置している

虫歯の進行のため痛みを感じる神経そのものが壊死している状態です。放置するとやがて根に膿みがたまり、その後、激痛を生じ易くなります。
治療法:被せ物もできないケースは、抜歯いたします。その後は入れ歯やインプラントを行う必要があります。

当クリニックの虫歯治療

当クリニックのモットーは「しっかりと丁寧に治療を行うこと」。当たり前のことですが、医療に携わる者としては最も大切なことだと考えています。小さい虫歯でも大きい虫歯でも、丁寧に治療にあたっています。二次的な虫歯(※)になりにくいよう、詰め物の作製には細心の注意を払っています。

※二次的な虫歯とは、詰め物が歯に馴染まないために起こる虫歯のこと。詰め物と歯の隙間に起こる。

診療のご予約はこちらです。24時間対応させて頂きますので、お気軽にご予約ください。